読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華のある丁寧な暮らし

心の余裕、時間の余裕、お金の余裕をもって、賢く、そして丁寧に暮らしていきたいと思っています。そんな日々の出来事を綴っています。

プロモーション② 魅力的な商品と思われるプレスリリースの書き方

こんばんは。皆さん、週末を満喫されましたか。

 

私は今日フリーマーケットをしてきました。
自分の不用品を「欲しい」と思ってくれる方に
譲ることができて、心もお財布も満たされる一日でした。

 

さて、前回、自分の商品を記事化してもらうには、
プレスリリースを送るのが良いとお話しましたが

 

記事化してもらうために大切なことは何でしょうか…。


それは、プレスリリースを最後まで読んでもらうことです。

 

えっ、て思われるかもしれませんが
メディアには沢山のプレスリリースが届くので
必ずしも最後まで読んでもらえるとは限りません。

 

f:id:echerry0123:20161105230426j:plain

 

最後まで読んでもらうためには
1.タイトルで興味をひく(読みたいと思わせる)
2.ストーリーを伝える(記事化するためのネタを提供する)
必要があります。

 

 

1.タイトル
新聞や雑誌の見出しを思い出してみてください。
見出しで惹かれなければ、記事を読むことってありませんよね。

 

そして、タイトルを付けるときに重要なことは
訴求ポイント(伝えたいアピールポイント)は1つにすることです。
(詳細はまた別の記事でお伝えします。)

 

2.ストーリー
タイトルで「読んでもらえる」ことになったら
次はストーリーでひきつける必要があります。

 

「○○社からバージョンアップした新商品発売!」だけだったら
有名な企業でもない限りあまり興味をもたれないですよね。

 

読者が引き込まれる開発秘話や商品のこだわりなど
記者が記事にしやすいネタを提供してあげてください。
(どの時期にどんなネタが良いかはまた別の記事で。)

 

 [関連記事]

お金を出さずにメディアで商品を紹介してもらう方法(広告とPRの違い)

メディアで商品を記事化してもらうためには (メディアへの情報提供の方法)