読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華のある丁寧な暮らし

心の余裕、時間の余裕、お金の余裕をもって、賢く、そして丁寧に暮らしていきたいと思っています。そんな日々の出来事を綴っています。

100円のコーラを1000円で売る方法

ブックレビュー マーケティング・プロモーション

今日からブックレビューを始めていきたいと思います。
1冊目は「100円のコーラを1000円で売る方法」です。

 

数年前にベストセラーになった本なので、本を読んでいなくても
タイトルだけは聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

マーケティングの基礎を10個のストーリー形式でわかりやすく
説明している本です。その中から一番気になった内容をご紹介します。

 

f:id:echerry0123:20161128232839p:plain

 

[価格を下げるのではなく、価値を上げてサービスを提供する!]

 

 本書では、価値を上げてサービスを提供する方法が
「100円のコーラを1000円で売る」という実例で説明されています。

 

「100円のコーラを1000円で売る」
そんなことできると思いますか?普通に考えたらありえないことですよね。

 

でも、ディスカウントショップでは100円どころか50-60円で
売られているコーラを、1000円で売っている場所があるんです。
それもお客様は喜んで買っているんです!

 

その場所は・・・

 

「リッツカールトンでルームサービスを頼むと、最適な温度に冷やされ、
ライムと氷がついた、この上なく美味しい状態で、シルバーの盆に載った
コーラがグラスで運ばれてきた。この美味しさなら1000円は安いと思った。」

 

リッツカールトンのルームサービスなら1000円でも納得でしょうか!?

 

これ、コーラという液体で差別化しているのではないのは明らかです。
サービスという目に見えない価値を売っているのです。

 

リッツカールトンの日常を忘れられる心地よい客室空間
適度な温度に冷やされたコーラ
よく磨かれたグラス
客室係りの丁寧な対応

 

これら全てのサービスを含んだ価値に
お客様は喜んでお金を払っているのです。

 

価格を下げるのではなくて、価値を上げてお客様にサービスを提供する!

 

価格を下げて勝負ができるのは、一部の体力のある大手企業や1番手企業だけです。
これらの企業だって、価格競争を続けていたら、いつかは厳しくなります。

 

中小企業、後発企業が勝ち残っていくには
お客様にいかに付加価値をつけて、
プラスαの価値を提供できるかですね。

 

他にも興味深いマーケティングの話が
ストーリー仕立てで書かれているので、お勧めの1冊です。