華のある丁寧な暮らし

心の余裕、時間の余裕、お金の余裕をもって、賢く、そして丁寧に暮らしていきたいと思っています。そんな日々の出来事を綴っています。

長く丁寧に使う【GLOBALの包丁】

毎日の料理で使う包丁、皆さんはどんなものを使っていますか?

 

私は10数年前から、YOSHIKIN(吉田金属工業)のGLOBALの包丁を愛用しています。
世界中で高い評価を受けていて、包丁界のロールスロイスとも賞賛されているそうです。

 

この包丁の魅力は美しく機能的なデザインと切れ味の良さです!

f:id:echerry0123:20170211133623j:plain

 

使い勝手を考えた美しいデザイン
刃と柄がステンレス一体構造の美しく、持ちやすいデザイン。

 

この一体構造、見た目が美しいだけでなく、凹凸がないので洗いやすくお手入れも簡単です。

 

機能性のある美しいデザインで「グットデザイン賞」を受賞しているのも納得です。

 

抜群の切れ味
初めてこの包丁を使った時、「ストレスなく切れる!」と感じました。

私は写真の「牛刀20cm、ぺティーナイフ13cm」を持っていますが、切れ味が抜群なので肉や野菜を切るときでも13cmのぺティーナイフをよく使っています。小さいので手になじみ握りやすいうえに、洗うのも楽です。

 

お手入れ
切れ味が悪くなってきたと感じたら、このスピードシャープナーでお手入れをしています。

f:id:echerry0123:20170212125807j:plain

 

通常はスピードシャープナーでのお手入れで十分ですが、数年毎に研ぎ直すとよいようです。私もそろそろ研ぎ直さなくては…。GLOBALでは研ぎ直しのサービスもしっかりしているので安心です。

 

長く使うものの場合、買った後のサービスがしっかりしているのも重要ですよね。

 

プレゼントに
包丁は「縁が切れる」という意味から、プレゼントとして贈るのは縁起が悪いと考える方もいるかもしれません。実際私も以前はそう思っていました。

 

しかし、刃物は「災いを断ち切り幸運を切り開く」ものとも考えられています。
皇室では慶事に刃剣を贈る習慣もあり、縁起の良い神聖なものとして祭り事や式典でも使用されてきたそうです。

 

こういった縁起物に関する考え方は人それぞれですので、差し上げる相手次第ですが、新居祝や結婚祝などのおめでたいシーンにも最適なプレゼントかと思っています。

 

ただ料理好きな方であれば、すでにお気に入りの包丁を持っている可能性もあるし、刃物は演技が悪いと考えている人もいるので、親しい間柄であればご意向を伺ってから差し上げるのも良いかもしれませんね。
私もこの包丁はお料理上手の先輩に頂いたのですが、事前に確認してもらってから頂きました。

 

お料理は毎日することなので、一か月、一年、一生で考えたら、かなりの時間を包丁と過ごすことになります。そんなお料理の時間をより快適にするためにも、しっかり包丁は選びたいですね。

 

この包丁は、数多くの包丁を試されたであろう方から頂いただけあって、自信を持って推薦できるお勧めの逸品です。

 

我が家のキッチンには10年もののキッチン道具がいくつかありますが
気に入ったものを長く、大切に使っていきたいと思っています。