華のある丁寧な暮らし

心の余裕、時間の余裕、お金の余裕をもって、賢く、そして丁寧に暮らしていきたいと思っています。そんな日々の出来事を綴っています。

九州旅行1日目 東京→福岡→佐世保

週末に2泊3日で九州に旅行に行ってきました。九州に行くのは今年3回目です。1回目は旅行で長崎県(市内、軍艦島ハウステンボス)、2回目は仕事で佐賀県多久市伊万里市)に。

 

今回は長崎県から熊本県佐世保市、有田町、黒川温泉、阿蘇熊本市内)を旅するスケジュールです。

 

福岡空港に到着し車を2時間位走らせて佐世保へ。佐世保福岡空港長崎空港の中間位に位置しているのでどちらの空港も使えるのですが、便数の多い福岡空港を使う人が多いようです。

 

佐世保メモ】
佐世保市は、長崎県北部にあり長崎県では長崎市についで2番目に人口が多い町です。かつて旧海軍四軍港の一つとして鎮守府が置かれ、今も自衛隊在日米軍の基地があり、造船および国防の町として知られています。
また、ハウステンボス長崎市にあると思われている方が多いですが、実は佐世保市にあります。

 

弓張展望台
到着して少し車で市内を走ってから訪れたのが、弓張展望台。佐世保の町を一望できます。

  

眼下の佐世保港には自衛隊護衛艦や、米軍の軍艦が停泊していました。世界に3隻しかいないという米軍の偵察艇の1隻が動いていて翌日のワイドショーでも扱われていました。物騒なことが起きなければ良いのですが…。  
f:id:echerry0123:20170930181026j:image

 

日が落ちてきて、神々しい夕焼けを鑑賞。
f:id:echerry0123:20170930180813j:image

 

花のれん
夕焼けを見たあとは佐世保の海の幸をいただきに、花のれんを訪れました。

f:id:echerry0123:20170930180221j:plain

 

お店の入り口に水槽があり、新鮮な魚をその場でさばいて調理したものを食べられます。

f:id:echerry0123:20170930181101j:plain

 

新鮮なお刺身
f:id:echerry0123:20170930180144j:image

 

イカの活き造り、伊勢海老の刺身。

さばいて身がなくなった後なのに、ピクピク動いていました。新鮮なことはよくわかるのですが、何だか目の前で見ると申し訳ない気持ちにも...。


f:id:echerry0123:20170930180254j:image

 

松茸の土瓶蒸し。もう松茸の季節になるんですね。

 

お店の方が、食材は旬のものではなく旬になる前のものを使うとおっしゃっていました。旬になればお客様もスーパーなどで買えるので、まだあまり出回っていなくてお客様が手に入れられない時期に初物を入荷して振る舞っているそうです。日本人らしいおもてなしの心、嬉しいですね。f:id:echerry0123:20170930180629j:image

 

熊本県産の牛肉。九州ってお魚だけでなくお肉や野菜など、食べ物が何でも美味しいんですよね!
私の会社内での「転勤したい場所1位」は九州です。食べ物が美味しく、気候が良く、物価も安いので、転勤すると戻りたくなくなる人が多いそうです。九州に残りたいからとわが社を辞めて地元の会社に転職してしまった人もいます。愛される土地なんですね。

f:id:echerry0123:20170930180649j:image

 

イカの活き造りで残った部分の天ぷら(後造り)や炊き込みご飯などもあり、お腹も心も満たされました。

 

旅の醍醐味の1つは地元の美味しいものを食べることですね。 

 

こちらのお店、お料理の美味しさはもちろんのこと、盛り付け、そして器も素敵なんです。有田町が近いだけあってお料理に合わせて様々な種類の有田焼の器が使われています。

 

これは有田焼のグラス。モダンなデザインですね。グラスはその人のイメージにあわせて出しているようです。(おそらくですが)
f:id:echerry0123:20170930180708j:image

 

平日でしたが満席で、金曜日の夜などは数週間先まで予約がとれないそうです。佐世保に行く際は早めの予約が必須です!

 

初日から満たされた1日でした。